結婚式で祝儀を遠慮するといわれた場合の正しい対応とは?

結婚式の招待状に「ご祝儀不要」と記載していることがあります。

ご祝儀を遠慮すると言われた場合、本当に用意しなくてもいいのでしょうか?

この記事では、ご祝儀を遠慮するといわれた場合の対応についてまとめました。

ご祝儀を辞退する、さまざまなケースについてもご紹介します。

 

結婚式でご祝儀を遠慮するケースとは?

結婚式でご祝儀を遠慮するのはどうして?

結婚式のご祝儀辞退には、いくつかの理由が考えられます。

1:挙式のみの場合

披露宴をせずに挙式だけおこなう場合、「簡単に済ませたい」「相手に気を使わせたくない」という理由から、ご祝儀を辞退することがあります。

ただし、挙式のみだからご祝儀不要とはかぎりません。
招待状に、ご祝儀を遠慮する旨の記載がある場合に不要だと考えましょう。

2:再婚の場合

新郎新婦のどちらか、もしくは両方が再婚の場合、ご祝儀を遠慮することがあります。

以前の結婚式でご祝儀をもらっているために、2度目の結婚式ではご祝儀を辞退していると考えられます。

3:会費制の結婚式の場合

北海道などの一部地域では、結婚式が会費制でおこなわれます。

会費制の結婚式では、ご祝儀が必要ありません。

4:お車代が出ないケース

遠方で式を挙げる場合、交通費や宿泊費として、新郎新婦がお車代を負担するのが一般的です。

しかし場合によっては、お車代を負担しない代わりにご祝儀を遠慮するというケースもあります。

ご祝儀の辞退にも、いろいろな理由があるのね。

結婚式のご祝儀を遠慮すると言われたらどうすればいい?

招待状に「ご祝儀は遠慮下さい」との記載があれば、ご祝儀を持っていく必要はありません。

ご祝儀を遠慮するのは、招待客に負担をかけたくないという気遣いや、簡単に済ませたいという、それぞれの想いがあるものです。

自分の結婚式の時にご祝儀をもらった場合も必要ない?

既婚者で、お互いの結婚式に呼び合うような仲なのであれば、ご祝儀を渡してもよいでしょう。
渡す場合は、式の受付ではなく別の機会を設けて直接渡します。

くれぐれも結婚式場の受付で「いやいやぜひ受け取ってください!」なんて、押し問答だけは避けてくださいね。

まとめ:ご祝儀を遠慮するといわれたらご祝儀の用意は不要!

結婚式で「ご祝儀を遠慮する」と言われたとき、相手にはそれなりの考えがあるものです。
ですから、ご祝儀を用意する必要はありません。

自分の時にもらっているからということであれば、結婚式当日ではなく、別の機会に渡しましょう。

 

スポンサードリンク




コメントを残す