【ご祝儀マナー】金額が2万円って非常識!?

結婚式などのお祝い事が増えると、ご祝儀が何度も必要となります。

そして金額もかさんででくると、赤字になりかねない状況になります。

仲の良い友人や、心からお祝いしたいと思うかたのご祝儀であれば気持ちよく包めるものですが、なかには義理でご祝儀を包まなくてはいけない状況もあるでしょう。

そんな時、「いくら相場とはいえ3万円のご祝儀は厳しい…2万円じゃだめかな?」と考えてしまうこともあるのではないでしょうか。

ご祝儀の金額が2万円では非常識になるのでしょうか。

ご祝儀マナーとともに確認していきましょう。

ご祝儀の金額が2万円って非常識?

「ご祝儀が2万円」については、地域によっても意見が変わるのが正直なところです。

3万円が普通と考える地域もあれば、2万円が普通と考える地域もあります。

気になるときは、同列席する友人に、ご祝儀の金額を確認してみてください。

「2万円はありえない」という反応もあれば、「2万円にしよう」と、何人かで合わせた経験があるという人もいるようです。

ご祝儀の金額については言い出しにくいものですが、思い切って聞いてみるのもひとつの方法です。

割り切れる数字は縁起が悪い?

偶数で割り切れる金額は、「別れる」「切れる」などの言葉を連想するため縁起が悪いと考えられています。

しかし最近では、「2」という数字は夫婦の「2人」という意味や、二重の喜びがあるという解釈もあり、気にならないと考える方も増えてきました。

ただし「4」や「9」は、昔も今も「死」や「苦」を思い浮かべるため良くないとされています。

相場より少ないご祝儀を渡すときは?

ご祝儀の金額によって、縁起を担ぐことはあっても、友人などのご祝儀相場が、3万円であることに変わりはありません。

しかし若い頃はとくに、経済的に3万円のご祝儀は厳しいという人も多いでしょう。

相場より少ない2万円をご祝儀として包むのであれば、ご祝儀とは別に、3~5千円ほどのギフトを贈るというのもおすすめです。

 

こちらの記事も合わせてご覧ください。

⇒【ご祝儀袋のマナー】厚紙はそのまま?中袋はのりで封をする?

⇒結婚式で祝儀を遠慮するといわれた場合の正しい対応とは?

 

スポンサードリンク




コメントを残す