出産祝いの内祝い相場って?現金以外のプレゼントへのお返しは?

出産祝いの内祝い相場をご存知でしょうか?

「こういうことは気持ちだから」といって、適当に内祝いを選んでは、相手に失礼になることもあります。

相場を知ったうえで、ふさわしい金額の内祝いを送りましょう。

今回は、出産祝いの内祝い相場についてまとめました。

現金以外の、プレゼントで出産祝いをもらった場合の内祝いについても紹介します。

出産祝いの内祝い相場はどのくらい?

出産内祝いの相場ってどのくらいなのかしら?

 

「贈りもののお返しは半返し」とよくいわれますが、ぴったり半返しにする必要はありません。

出産祝いに頂いた金額の、半額から1/3程度が相場です。

例えば1万円の出産祝いを頂いた場合、内祝いは3千円から5千円を目安にお返しします。

半額以上の内祝いの品物を送ると、かえって相手に気を遣わせてしまうこともあるので、気を付けましょう。

そもそもどうして内祝いが必要なの?

 

内祝いは、いただいたお祝いのお返しと思われがちですが、「喜ばしいお祝いごとのおすそ分け」という意味合いがあります。

もらったから返すのではなく、幸せな気持ちをおすそ分けするというのが本来の内祝いです。

【関連記事】
出産祝いはいつ開ける?もらってすぐはマナー違反なの?

 

出産祝いに服など現金以外のプレゼントをもらった場合のお返しは?

出産祝いを現金以外のプレゼントで貰った場合も、内祝いを贈るようにします。

値段がわからない場合は、およその見当で構いません。

現金で貰った場合と同様に、半額から1/3の金額を目安に内祝いの品物をお返しします。

会社関係や友人など、複数の人から花束などのギフトを頂いた場合は、お礼の手紙やカード、千円程度のお菓子の詰め合わせなどをお返しするとよいでしょう。

出産祝いの内祝いはいつまでに渡すべき?

出産祝いの内祝いは、お宮参りの前後、生まれてから1ヶ月後くらいに送るのがよいでしょう。

生まれてすぐ出産祝いを頂いた人も、それ以降の人も、内祝いをお返しする時期は一緒でもマナー違反にはなりません。

しかし、お母さんの体調が思わしくなかったり、赤ちゃんとの新しい生活で余裕がなかったりすると、内祝いに気が回らないということもよくあります。

ご主人や家族の人に協力してもらい、遅くても赤ちゃんが2ヶ月になるまでには渡せるようにしましょう。

まとめ

出産内祝いは、いただいた金額の1/2~1/3を目安にお返ししましょう。

渡す時期にもマナーがありますから、しっかり確認してくださいね。

スポンサードリンク




コメントを残す