ひな祭りの由来を幼稚園児にもわかりやすく説明するには?

雛人形を飾りお祝いをするひな祭りは、女の子にとって楽しみな行事の1つです。

しかし、「ひな祭りってなに?」と子どもに問われたら、答えられないという方は多いのではないでしょうか。

ここでは子どもに分かりやすく説明できるように、ひな祭りのさまざまな疑問やひな祭りにオススメのゲーム・絵本を紹介していきます。

ひな祭りの由来

ひな祭りとは桃の節句のことで、女の子がすくすく育ち幸せに過ごせるようにとの願いが込められたお祝いの行事です。

江戸時代に定着した行事ですが、平安時代から続くものであり、ひな祭りの始まりは中国にあると言われています。

元々は女の子の行事ではなく邪気をお払いする行事で、草・藁・紙などで人形を作り自分の邪気を人形に移し厄を川に流す流し雛が行われていました。

しかし時代の変化と共に流し雛に使用していた人形は立派な物になり、流す風習から飾る風習へと変わっていったのです。

そこから貴族の子の間で現代のままごとのような遊び「雛遊び」というものが流行り、ひな祭りになりました。

雛人形を飾る理由

雛人形は、子どもをケガや病気から守り、将来幸せに暮らせるようにといった親の願いが込められたお守りのようのものです。

昔は厄を人形に移し身代わりになってもらい、それを枕元に置き災厄を祓うといった風習がありました。
今とは違い医療技術もなく、子どもが大きく成長することが難しかった時代に、子の将来が幸せな日々であるようにと願っていたのですね。

⇒雛人形の処分はいつする?タイミングや処分方法を解説!

ひな祭りに食べるものって?

色とりどりの料理が並び、テーブルの上がとても華やかになるひな祭りの食卓。

ひな祭りで食べる料理には、それぞれ意味があります。

ひな祭りに食べるものの、由来や意味をみていきましょう。

1:ひなあられ

餅と砂糖で作ったひなあられは、甘くて美味しいひな祭りの和菓子です。

地域によって味付けも変わるようですが、ピンク・緑・黄・白と四季を表現していて、1年間健康で幸せに過ごせますようにという願いが込められています。

雛人形にお供えするご馳走とも言われており、ひな祭りにはかかせない一品です。

2:ちらし寿司

ちらし寿司は、ひな祭りの代表ともいえるなメイン料理です。
ちらし寿司はお祝い事で作ることが多いですが、具にもそれぞれ意味があります。

・えび(長生き)
・れんこん(見通しが利く)
・豆(まめに働ける)

他にも人参を桜の花びらの形にしたり、絹さやで葉っぱを再現するとより一層見た目でも楽しめます。

3:ハマグリのお吸い物

ハマグリの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合いません。

平安時代ではハマグリの貝殻を使い、片方の貝殻を探し当てる「具あわせ」という遊びが流行っていたほどです。

そのためハマグリは、仲睦ましく一生で1人の人と添い遂げられるようにという良縁の願いが込められてます。

ひな祭りにオススメのゲーム

ひな祭りをもっと楽しむために、オススメゲームを紹介します。

子ども向けにアレンジも可能ですので、チェックしてみてください。

1:ひなわなげ

点数が描いてあるターゲットシートを下に敷きます。
ペットボトルに雛人形の絵を描いた画用紙をまきつけてピンに見立てシートの上に並べてゲームスタート。

輪っかを用意しピンに輪っかをかけることができればポイントゲットです。

獲得した雛人形から雛壇に飾っていき、最後には雛壇が完成します。

2:おひなさま 手遊び

2人ペアになり向かい合って遊べる手遊びです。
子どもと子どもや子どもと大人など、色々な組み合わせで楽しむことができますよ。

歌に合わせて簡単に手を動かすだけなので、すぐに覚えられます。

手遊びをアレンジするのもおすすめです。

3:クイズ おひなさまを探せ

お題になるおひなさまを元に、たくさんいるおひなさまの中から同じものを探し出すゲームです。

色々な表情や色のおひなさまがいるので、探している最中も楽しいです。

複数のお題を用意して、みんなで探すのも楽しいですね。

ひな祭りに読みたい絵本


ひな祭りをもっと身近で楽しい行事だと感じることができる絵本を紹介していきます。

ひな祭りの日が来る前に読むと、その日が待ち遠しくなるはずです。

1:おひなさまのいえ

売れ残ってしまったお雛様たちが、雛人形のお店から抜け出し自分たちの住む家を探しにいくお話しです。

旅の途中では色々な人形がでてきて物語が進んでいきます。

半立体制作の作品で粘土のお顔、ちりめんの衣装で作ったお雛様はそれぞれの場面で表情が違うのも楽しいです。

 >>詳細はこちら<<

 

2:おひなまつりのちらしずし

ちらしずしが大好きな弟ノブはお姉ちゃんもお母さんと一緒にちらしずしを作ると聞いてびっくり。

料理の基本やちらしずしの作り方を絵本を見ながら覚えることができる一冊です。

微笑ましい姉弟の会話も注目してみてください。

>>詳細はこちら<<

 

3:ひなまつりにおひなさまをかざるわけ

時代とともに変わっていったひな祭り。

言葉だけでは伝わりにくいひな祭りの由来を、子どもにも分かりやすいように絵本にしたものです。

昔のひな祭りの風習を想像しながら楽しめるので、お雛様を飾る理由を知ってから飾るとまた違った視点で感じることができるかもしれません。

>>詳細はこちら<<

 

まとめ:幼稚園時にもわかりやすく由来を説明してひな祭りを楽しもう!

雛人形を飾る理由、そしてひな祭りでいただく料理それぞれに意味があることが分かりました。

地域によってひな祭りの風習もさまざまでだと思いますが、昔から続く行事だからこそ子どもたちにも色々な形で引き継いでいきたいものです。

みんなで楽しめるゲームや絵本を通して、ぜひ子どもたちにも伝えてほしいと思います。

スポンサードリンク




コメントを残す