安いベビーカー用レインカバーのおすすめ10選!選び方のポイントも

赤ちゃんとの生活は、どんなお天気も関係ありません。

雨の日もお出かけをする場合もあるでしょう。

雨の日でも快適にお出かけをするためには、ベビーカー用のレインカバーが必需品です。

レインカバーにもいろいろありますが、選ぶときにポイントを押さえたらむずかしくありません。

選ぶポイントと、おすすめのレインカバーを紹介します。

ベビーカー用レインカバーの選び方

たくさんの種類の中で選ぶのは、どれにするか迷ってしまいそうですよね。

ベビーカー用レインカバーを選ぶとき、どんなことに気を配るといいかをまとました。

1:使用するベビーカーに合うか

大事なのは、使用するベビーカーに合うかどうかです。

ベビーカーのタイプは、対面型になるA型と、背面型のB型があります。

背面型のレインカバーだと、A型のベビーカーで対面にして使用できなくなります。

A型のベビーカーの場合は、対面式ベビーカーでも大丈夫なレインカバーを選ぶようにしましょう。

2:着脱しやすいか

お天気によって、付けたり外したりするのがレインカバーです。

着脱がしやすく畳みやすい物を選ぶと、お天気が悪い日のお出かけも、手間が一つ減ります。

レインカバーをつけるとき、紐で結ぶタイプと、マジックテープで止めるタイプといろいろあります。

使用するベビーカーによって、着脱しやすいレインカバーのタイプがちがうので、購入する前に着脱方法を確認すると安心ですね。

3:乗せ降ろしがしやすいか

レインカバーを付けていても、ベビーカーを乗り降りする機会はあります。

赤ちゃんを乗せ降ろしするときに、レインカバーを着脱しないと乗せ降ろしができないのは面倒です。

雨の日のお出かけは、荷物も多く、乗せ降ろしも大変になりがちです。

ファスナーやマジックテープを外すだけで乗せ降ろしがしやすいと、雨の日のお出かけも面倒なことが一つ減りますね。

4:赤ちゃんの様子が確認しやすいか

レインカバーをかけていると、中に座っている赤ちゃんの様子が確認しづらくなります。

お母さんの顔が見えにくくなるので、泣いてしまう赤ちゃんもいるかもしれません。

透明タイプのものであれば、お互いにどの方向からでも顔を確認しやすいですね。

周りが気になって眠れない赤ちゃんには、周りの視線を横からさえぎるタイプもあります。

5:カバーの中がムレないか

季節によって雨の日は、蒸しやすくなる日もあります。

レインカバーの中は、季節や天気によって、蒸れやすくなります。

通気性を高くするために、前側や横側にメッシュになった窓がついているものがあります。

少しでも赤ちゃんが快適に過ごせるように、通気性の高いものを選ぶと、赤ちゃんも気持ちよく過ごせるようにしたいですね。

安いベビーカー用レインカバーのおすすめ10選

ここでは、数あるベビーカー用レインカバーの中から、安くておすすめしたい10選を集めました。

価格や特徴、口コミをまとめたので、購入するときの参考にしてください。

1:ティーレックス/ベビーカー汎用両対面レインカバー フロントオープン アジャスタブル


ダブルファスナーなので、対面式背面式どちらも使えます。

全面透明タイプで中の様子も確認可能。
レインカバーの前面の長さが調節できるので、背の高い大型ベビーカーでも小型ベビーカーでも使えます。

前面のファスナーを下から開けて、乗せ降ろしが簡単です。メッシュの窓も両側についているので、通気性も安心ですね。

大きめのベビーカーを使用していて、付属のレインカバーが使い勝手がよくないので、ベビーカー全体がおおえるこちらを購入しました。ベビーカーがすっぽり入り、子どもの靴もぬれません。ビニール素材もしっかりしていて、丈夫そうで、使い易いです。

>>詳細はこちら<<

 

2:カンプトン/フロントオープン ベビーカー用レインカバー スタンダード 両対面 汎用型


対面式、背面式に対応しているレインカバーで、ハイシートにもたいおうしています。

ダブルファスナーで、ハンドルを挟みこむように取り付け、前面を全開にできるので、乗り降りもしやすい作りです。

大きなメッシュの小窓もついているので通気性もよく、小窓でお互いの声が聞き取りやすくなっています。

サイズがゆったりしているので、日本のメーカーが作っているベビーカーには合うように思います。両サイドが透明なので、周りを気にするお子さんには多少むいていないかもしれません。レインカバーは消耗品の一つだと考えているので、値段的に満足です。

>>詳細はこちら<<

 

3:ogawa/Disneyマルチベビーカーカバー(対面・背面両用)


上下にファスナーがあり、対面ベビーカーにも背面ベビーカーにも対応。

ベビーカーの座面をリクライニングしても、レインカバーでしっかりと覆えます。
前面のすそ部分を折り曲げると、泥がはねても防いでくれるので安心です。

両側はカラフルなブロック柄で、隠れミッキーがいるのも楽しいですね。
メッシュの窓も付いているので通気性もあります。

ベビーカーフックがミニーなので、レインカバーもディズニでそろえました。保管用の袋もついていて、取り付けも簡単でした。雨の日だけでなく、風よけにもなるので、寒い冬にも使えます。

>>詳細はこちら<<

 

4:Vkaiy/ベビーカー用レインカバー


対面式と背面式、どちらにも対応しているレインカバーです。

全面透明タイプで赤ちゃんの様子も確認できます。

前面のファスナーを開けて乗せ降ろしも簡単。

後ろはマジックテープと紐で二重に固定して、前は前輪のポールにマジックテープで固定できます。

ベビーカーのサイズを確認してMサイズを購入しました。取り付けも簡単で、ベビーカーにちょうどいいサイズでした。3歳で身長が90㎝の子どもが乗ると、足がはみ出してしまいました。ベビーカーの後ろに荷物をかけると、レインカバーのはばが広がるようで、長さが少し足りないのかもしれません。ベビーカーに荷物をかけて使用したい場合は、Lサイズを購入するのがいいかもしれません。

>>詳細はこちら<<

 

5:フジキ/RODY ベビーカー用レインカバー 対面・背面両用(イエロー)


レインカバーの前面が上下できるファスナーなので、開け閉め自由で対面式背面式どちらも取り付けられます。
赤ちゃんの乗せ降ろしもファスナーを開ければ簡単です。

カラフルなロディがプリントされていますが、透明なので赤ちゃんの様子も見えます。

ファスナーを開ければ、通気性も換気性も心配ありません。

国内メーカーのA型に付けています。使用しているベビーカーには少し大きく、ずれてしまうので帆にクリップで固定して使っています。丈は長いですが、マジックテープで止められるので、引きずることはありません。ビニールの素材が気に入っていて、シワにもならず、取り付けたままベビーカーを畳めるので便利です。

>>詳細はこちら<<

 

6:Roman/ベビーカー用レインカバー


ベビーカーのタイプによって、レインカバーの種類を選べます。

どちらのタイプも丈が長く、ハイシートタイプのベビーカーも対応。

ファスナーを開けると乗せ降ろしもしやすいです。ファスナーから雨が入らないように撥水コーティングがされています。

左右に3つのマジックテープ付いているので、風が強い日でも外れません。
両側にメッシュの小窓が付いているので通気性もよくなっています。

国内メーカーのA型に付けています。使用しているベビーカーには少し大きく、ずれてしまうので帆にクリップで固定して使っています。丈は長いですが、マジックテープで止められるので、引きずることはありません。ビニールの素材が気に入っていて、シワにもならず、取り付けたままベビーカーを畳めるので便利です。

>>詳細はこちら<<

 

7:Pinji/2人乗りベビーカー用 レインカバー 縦型(ブラウン)


縦並びの2人乗りベビーカー対応のレインカバーです。
ゆったりとしたサイズなので、足元も濡れずにすみます。

カバーが透明なので、子どもの様子もよくみえるのがいいですね。

レインカバーを付けたまま、子どもの乗せ降ろし可能。
ビニールに穴がたくさん空いているので、通気性もよく、声もよく聞こえます。

1,000円以下なので大丈夫なのか心配でしたが、一年半使っても破れることもほつれることもありません。玄関でのベビーカー保管に役立っています。汚れてもナイロンの生地なので、洗濯機で丸洗いできます。

>>詳細はこちら<<

 

8:Dhgrin/2人乗りベビーカー用レインカバー


横並びの2人乗りベビーカーに取り付けるレインカバーです。

雨が染みこみにくいように作られています。

透明タイプなので、中の子どもの様子を確認しやすいです。
赤ちゃんの健康をまもるために、無公害の素材で作られています。

>>詳細はこちら<<

 

9:ファムベリー/ベビーカー用フットカバー (ブラック)


雨の日や悪天候の翌日、足元が濡れたり汚れるのを防ぐためのフットカバーです。

ベビーカーの横のポールにバックルを取り付けるだけで、水しぶき、泥除けができます。

雨の日や悪天候から足元を守るだけでなく、靴やブランケットが落ちるのも防いでくれます。コンパクトに畳めるので、持ち歩きにも便利です。

>>詳細はこちら<<

 

10:シンセーインターナショナル/ベビーカーカバー(星柄ネイビー)


ベビーカーを保管するときのカバーとして使用するベビーカーカバーです。

撥水加工の生地で作られていて、ベビーカーにかぶせて雨やほこりを防ぎます。

小さくまとめられるので、携帯するのに便利。
カバーが汚れたら洗濯をして、きれいにして再使用できます。

1,000円以下なので大丈夫なのか心配でしたが、一年半使っても破れることもほつれることもありません。玄関でのベビーカー保管に役立っています。汚れてもナイロンの生地なので、洗濯機で丸洗いできます。

>>詳細はこちら<<

 

まとめ

ベビーカーのレインカバーでも、いろいろな種類があるのがわかりました。

高価なものでなくても機能性が高く、使い勝手のいいレインカバーが多いですね。

A型、B型どちらでも使えるものも多くあり、ベビーカーは年齢や使い勝手によって買い換えることもあるので、どちらでも使えるのは便利です。

お母さんと赤ちゃんのお出かけを快適にしてくれるレインカバーで、お天気関係なくお出かけを楽しみましょう。

⇒【口コミあり】ベビーカーにあると便利なおすすめグッズ14選!

スポンサードリンク




コメントを残す