赤ちゃんとのお出かけにおすすめ!可愛い哺乳瓶ケース10選!

赤ちゃんとのお出かけは、荷物が多くなりますよね。

ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、ミルク道具が必要で、その分荷物も多くなってしまいます。

赤ちゃんとのお出かけを楽しく便利にするために、赤ちゃん向けの可愛い哺乳瓶ケースが、多く売られるようになりました。

赤ちゃんの用品を選ぶのは迷いますが、哺乳瓶ケースを使うメリットや選び方、おすすめの可愛い哺乳瓶ケースについて紹介します。

哺乳瓶ケースを使うメリット

最初に、哺乳瓶ケースを使うメリットは何かをお話しします。

哺乳瓶ケースが必要か迷っている人のために、4つのメリットを紹介しましょう。
必要かそうでないかを決めるときの参考にしてください。

1:外出時の荷物を減らせる

ミルクを飲む赤ちゃんは、出先でミルクを作るために、哺乳瓶、ミルク、お湯の入った水筒が必要です。

どれも荷物になるものばかりで、外出用の荷物はふくらんでしまいます。

哺乳瓶ケースにミルクグッズをまとめて収納し、ベビーカーに引っかけ持ち歩いたら、バッグの荷物を減らせるので便利です。

2:哺乳瓶を衛生的に使える

お出かけバッグの中にそのまま哺乳瓶を入れるのは、衛生的に好ましくありません。

バッグの中でいろいろな物にぶつかって、哺乳瓶の乳首の蓋ふたが外れてしまう心配もないので、衛生的にも安心です。

蓋が外れて、ミルクがこぼれる心配もありません。
赤ちゃんにとっても哺乳瓶を、衛生的に使えますね。

3:外出中のミルクタイムがスマートに

外出中でもミルクの時間は、待ったなしです。
赤ちゃんがぐずったら、お出かけ中のお母さんは困ってしまうこともあるでしょう。

哺乳瓶ケースにミルクグッズが入っていれば、すぐに取り出して素早くミルクを作ってあげられます。

外出中のミルクタイムが少しでもスマートになると、お母さんも楽ですよね。

4:卒乳後も使える

ポーチやバッグ型になっているので、卒乳したあとも小物入れとして使えます。

卒乳後も離乳食やおやつ、飲み物を入れるマグを持ち歩きます。

衛生的に持ち運びたいものを哺乳瓶ケースに入れると、欲しいときにすぐに取り出せ衛生面も安心で便利です。

【関連記事】
授乳中や睡眠中に赤ちゃんが笑う理由って?

 

哺乳瓶ケースの選び方

哺乳瓶ケースを選ぼうと調べると、たくさんあって、どの哺乳瓶ケースがいいのか迷ってしまいそうです。

どのようなことに注目して選ぶといいのかをまとめました。

お母さんと赤ちゃんの生活スタイルに合った哺乳瓶ケースは、どんなタイプかを考えて選ぶといいですね。

1:サイズは用途に合わせて

哺乳瓶ケースにもいろいろなサイズがあります。

サイズは用途に合わせて選ぶのがいいですね。

哺乳瓶1本を持ち歩く場合、哺乳瓶2本入れたい場合は大きいのをおすすめします。

ミルクグッズも一緒に入れたい場合や、卒乳後もおやつケースやランチバッグとして使うことを考えるなら、大きいサイズで持ち運びしやすいタイプがおすすめです。

2:保冷・保温機能がついていると◎

哺乳瓶ケースを選ぶときに、保冷・保温機能がついているといいですね。

家で熱湯を入れておくと、2~3時間後にはミルクの飲み頃になるので、お湯を入れた水筒を持ち歩かなくて済みます。

卒乳後の離乳食やマグ、お弁当におやつを保冷で持ち歩きたいときは、保冷剤を入れて使えるので便利です。

可愛い哺乳瓶ケース10選

おすすめしたい便利で可愛い哺乳瓶ケースを集めました。

それぞれどんな特徴があるのかをまとめたので、自分好みや生活スタイルに合う、哺乳瓶ケースのタイプを見つける参考にしてください。

1:SKATER/哺乳瓶 粉ミルクケース ポーチ ミッキーマウス スケッチ


・税抜価格:913円

お弁当箱や水筒を企画製造販売しているメーカーで、かわいいキャラクターの物を多く取りそろえているスケーターの哺乳瓶ケースです。

保冷・保温機能があり、長く使えます。

ポケットがついていて、哺乳瓶とミルクグッズを分けられるのは便利です。

ペットボトルも入るので、幼児期になっても使えます。持ち手がバックルになっていて、ベビーカーにもマザーバッグにも付けられます。

中にメッシュのポケットがあるので、保冷剤やミニタオルも分けて入れられのは便利ですね。

>>詳細はこちら<<

 

2:V-cool/哺乳びんポーチ ケース ツインマグポーチ


・税抜価格:1,480円

240mlの哺乳瓶が2本入る大きさの哺乳瓶ケースです。

柄も3種類あり、どれも可愛らしいイラストです。

保冷・保温機能があり、耐熱性が高く室温25度の環境で、70度のお湯が3時間ほどで肌温度になります。

中に仕切りもあり、中に入れた物同士がぶつかるのを防いでくれます。

表側にポケットがあるので、ガーゼやウエットティッシュ、ミニタオルを入れられます。

持ち手はバックルなのも便利です。

>>詳細はこちら<<

 

3:ハンナフラ/保温保冷 ツインマグポーチ ブラックドット


・税抜価格:3,132円

ベビーグッズでおなじみのハンナフラの保冷・保温聞い機能付きで、500mlのペットボトルが2本入る大きさです。

表生地は撥水加工がされているので、濡れても心配いりません。

ケースの裏側にポケットがついていて、ガーゼやウエットティッシュも一緒に持ち歩けるのは便利ですね。

卒乳後は子供用のお弁当箱がすっぽり入るので、ランチバッグとしても使えます。

持ち手はバッグタイプで、取り外しはできませんが、ベビーカーに引っかけられます。

>>詳細はこちら<<

 

4:サーモス/マグポーチ 保冷おでかけポーチ


・税抜価格:2,037円

サーモスが出している、保冷専用の哺乳瓶ケースです。

大きめのマグボトルと哺乳瓶が一緒に入れらます。

外側内側それぞれにポケットが付いているので、ミニタオルやウエットティッシュの細かい物を入れられて便利です。

持ち手はバックルタイプで長さが調節できるので、ベビーカーにも引っかけられます。

本体を手洗いできるので、汚れたときもすぐに洗ってきれいに使えます。

>>詳細はこちら<<

 

5:ピジョン/哺乳びんポーチ(ディズニー柄)


・税抜価格:1,020円

ミッキーのイラストが入ったベビー用品のピジョンから、500mlのペットボトル1本が入る大きさの哺乳瓶ケースです。

内側は、哺乳瓶に熱い飲み物を入れても、外出中に人肌温度の約40度になるので、赤ちゃんに飲みやすい温度で持ち歩けます。

汚れても丸洗いできたり、撥水加工で汚れににくい素材です。

吊り下げられるようにバックルタイプの持ち手です。

クッション材が哺乳瓶を守り、出し入れしやすい開口部になっています。

>>詳細はこちら<<

 

6:D BY DADWAY/マグポーチ/ユメミルヒツジ


・税抜価格:2,570円

保冷・保温機能で、500mlのペットボトルや、哺乳瓶2本が入ります。

もちてが特徴的で、スナップボタンがついていて、使い方によって持ち手の向きを変えられます。

開口部も大きいので出し入れしやすく、卒乳後は幼児用のお弁当箱も入れられます。

表生地がよごれたら、濡れ布巾を固く絞って吹いて乾燥させるだけです。

水洗いはできませんが、お手入れしやすい生地なのがいいですね。

>>詳細はこちら<<

 

7:SKATER/哺乳瓶 粉ミルクケース ポーチ ハローキティ フェイス


・税抜価格:898円

昔から人気のあるキティちゃんのイラストで、粉ミルクケースと哺乳瓶を一緒に入れて、持ち運べる哺乳瓶ケースです。

内側は保冷・保温効果があり、卒乳後もマグやペットボトルとおやつを入れて持ち歩くのもできます。

外側内側にポケットがあり、細かい物を小分けして入れられるので便利です。

持ち手はワンハンドのバックルタイプなので、バッグにもベビーカーにもかけやすくなっています。

まちが9㎝なので、幼児用のお弁当箱も入ります。

>>詳細はこちら<<

 

8:クーザ/Disney ディズニー哺乳瓶ポーチワイド くまのプーさん


・税抜価格:1,769円

プーさんのイラストが可愛らしい、600mlのペットボトルが2本入る、哺乳瓶ケースです。

前側がフルオープンでるように開口部が全てファスナーになっていて、ダブルファスナーで大きなものも出し入れかんたんです。

保冷・保温もできるので、季節を問わず長く使えます。

内側にメッシュのポケットがあるので、保冷剤やハンドタオルが入れられます。

持ち手はワンハンドのバックルタイプで、ベビーカーにも付けやすく便利です。

>>詳細はこちら<<

 

9:COLORFUL CANDY STYLE/一緒にお出かけ2wayマグポーチ・ケース


・税抜価格:2,934円

星柄で性別きにすることなく使えるイラストのマグケースです。

取手付きのマグが一つ入るサイズです。

蓋式タイプのケースで、ダブルファスナーで開けやすく開口部も大きいので、取り出しやすなっています。

保冷・保温機能があるので、マグを卒業しても使い勝手のいいケースです。

持ち手のほかにショルダーもつけられるので、肩がけをすると両手が使えて便利です。

縫製、コーティング、検品も日本でしているのは、安心の一つです。

>>詳細はこちら<<

 

10:ムーミンベビー/ほ乳びんポーチ ムーミンハウス


・税抜価格:1,962円

ムーミンのイラストの保冷・保温機能付きの哺乳瓶ケースです。

ケースがあムーミンの家の形になっているのが可愛いです。

哺乳瓶が1本を持ち歩けます。

卒乳後は500mlのペットボトルを入れられるので、長く使えますね。

20度の環境の中で約2時間ほどで、70度のお湯が40度になるのは助かります。

保冷効果は、4度の冷水が150分で15度に上がるくらい長持ちです。

持ち手のスナップボタンが付いているので、取り外しやすく便利です。

>>詳細はこちら<<

 

まとめ

いろいろな種類がありますが、どれも使いやすく考えられていて、長く使えるものが多かったですね。

授乳期のお出かけは、本当にいろいろ持ち歩く物が多くて大変です。

授乳期は子供との生活の中で、あっという間に過ぎてしまいます。
赤ちゃんと過ごす時間を、便利グッズを使って、楽しんでください。

【関連記事】
授乳中に摂ってもいいカフェインの量って?
母乳足りてる?赤ちゃんが離すまで授乳を続けるべき?

 

スポンサードリンク




コメントを残す