快気祝いに喜ばれるおすすめ品10選!選び方のポイントやマナーも

入院中にお見舞いをいただいた人へ渡す快気祝い。

どのようなものを選べばいいのか悩んでいませんか?
この記事では、快気祝いに喜ばれる、おすすめの品をご紹介します。

快気祝いのマナーもあわせてご案内しますので、参考にしてください。

快気祝いの選び方

快気祝いは、「病気が後に残らないように」と願いを込めて、後に残らない消費できる品物=「消えモノ」を選びましょう。

ご家庭向けに洗剤やジャム、友人におしゃれなスイーツや、選りすぐりのグルメ、職場には個包装のお菓子や紅茶など、用途によってさまざまな商品があります。

いただいた方の顔を浮かべながら、選んでみましょう。

快気祝いのマナーをチェック!

快気祝いは「病気やケガがなくなった」ことを祝うので、記念品は避けましょう。金券は、お金の代わりになり、目上の方へは失礼にあたるので控えるのが無難です

1:相場

快気祝いの金額の相場は、お見舞いでいただいた金額の30%~50%ほどにするのが一般的とされています。いただいた品物の金額がわからない場合は、目安として3,000円~5,000円ほどの品物を用意すると良いでしょう。

2:熨斗・水引

快気祝いはもともと、「病気やケガから回復した喜びをおすそ分けする」という意味合いがあります。
病気を二度と繰り返さないことをあらわすために、熨斗(のし)は一度結んだらほどけないとされている「紅白結び切り」を選びましょう。水引の本数は5本、もしくは7本を選ぶのが一般的です。

3:渡すタイミング

快気祝いは、退院後の10日後から1ヶ月後までに渡すのが一般的です。
しかし、病気によっては慢性化したり、自宅でのリハビリが長引いたりすることもあります。
退院した体に負担をかけないよう、体調と相談しながら渡す日程を調整することも大切です。
仕事復帰の場合は、復帰のタイミングでお返しすると良いでしょう。

快気祝いに喜ばれるおすすめ品10選

それでは、快気祝いに喜ばれるおすすめの品物を紹介します。

1:スイーツ

もらって嬉しい快気祝いの王道はスイーツでしょう。
日持ちするクッキーなどの焼き菓子は、個包装されているものも多いため配りやすく、誰にでも喜ばれる贈り物です。
和菓子好きには、おせんべいや羊羹などもおすすめです。

2:新鮮なフルーツ詰め合わせ

新鮮なフルーツは、もらって嬉しいギフトの定番です。
カラフルなフルーツの盛り合わせは、見ているだけでも元気をおすそ分けできます。
感謝の気持ちを込めて、季節ならではの美味しさを届けましょう。

3:紅茶やコーヒー、ジュースなどの飲み物

会社など大人数に贈る場合は、取り分けしやすい小分け包装のコーヒー・紅茶パックがおすすめです。
パッケージがおしゃれだと、センスも感じらるでしょう。
果汁ジュースは、子供がいる家庭にも喜ばれます。

4:こだわりの調味料や出汁

料理好きなひとへ贈るなら調味料やお出汁はいかがでしょうか。
産地特産のこだわり調味料や出汁、添加物・保存料を使っていない体に良いものなら、喜ばれること間違いなしです。

5:暮らしの必需品・洗濯洗剤

「病気が残らないように」という願いから、水で洗い流すという意味をもつ選択洗剤も人気があります。
柔軟剤や漂白剤のセットもおすすめです。

6:お手入れ簡単なプリザーブドフラワー

華やかで明るい花は、見ているだけで幸せな気持ちになります。
お見舞いに花を持ってきてくれた方へのお返しは、お手入れの簡単なプリザーブドフラワーを贈ってあげましょう。

7:毎日使えるソープ

男性はもちろん、小さなお子様のいる家庭にもおすすめなのは、お肌に優しい無添加・無香料のソープ。
女子力の高い友人には、上質のアロマソープがおすすめです。
固形や液体など使い勝手の良さで選びましょう。

8:朝食のお供に! ジャムのセット

日持ちするジャムはギフトに最適です。
バラエティ豊かな味が楽しめるギフトセットなら、お子様のいる家庭はもちろん、夫婦や一人暮らしでも楽しめます。
毎日の朝食のお供に大活躍してくれそうですね。

9:いくつあってもいい! タオルセット

ふんわりと触り心地が良く、しっかりした製法の高級タオルならいくつあっても嬉しいものです。
ギフトに適した年齢層も幅広いため、何を贈ろうか困った時にはタオルを選ぶのも良いかもしれません。

10:好きなものを選べるカタログギフト

贈られた側の「選ぶ楽しみ」があるカタログギフトは、快気祝いのギフトにもおすすめです。

日用雑貨からグルメ、家電などたくさんの商品のなかから選んでもらいましょう。予算も設定しやすく、人気のギフトです。

まとめ

「快気祝い」は、病気やケガで療養中にお見舞いをいただいた方に全快の報告とお礼を兼ねる意味があります。

マナーなど少々決まりはありますが、あまり細かいことにとわれすぎず、感謝の気持ちを伝えることを一番に選びましょう。

相手の喜ぶ顔を想像しながらギフトを選ぶのも、元気になった楽しみのひとつですね。

スポンサードリンク




コメントを残す