【安い!】おすすめの半袖マタニティパジャマ10選!選ぶポイントも紹介

出産前に用意するアイテムのひとつである”マタニティ パジャマ”
妊娠時期が暑い季節であれば、半袖パジャマが必要ですね。

この記事では、マタニティパジャマの選び方とともに、おすすめの半袖マタニティパジャマを紹介します。

スムーズに出産準備を進めるための参考にしてください。

半袖マタニティパジャマは必要?

妊娠中は高温期が続いている状態で、暑さを感じやすくなります。
また妊娠してお腹が大きくなってくると、ウエスト部分がきつくなり、締め付けられ負担になります。

快適に過ごすためにも、季節に合った半袖のマタニティパジャマがあるとよいでしょう。

「大きめのパジャマで代用できるんじゃない?」という考えもありますが、妊婦の身体を考えて作られた専用のマタニティパジャマのほうが、体にフィットして着心地もよいです。

マタニティパジャマであれば、妊娠中・入院中だけではなく、産後の授乳にも活躍しますよ。

半袖マタニティパジャマの選び方

マタニティパジャマは、デザインや機能性にこだわったものも多く、選ぶとき何を見て選んだらいいのか迷いますよね。
ここでは、選ぶ時のポイントをご紹介します。

1:素材をチェック

夏を快適に過ごすためには、清涼感・吸汗性・吸湿性・通気性など、快適な着用感が大切です。
おすすめの素材は、綿やガーゼ、パイル、天竺など。

綿やガーゼ、パイルは通気性があり、赤ちゃんの肌着や産着にも使用されているので、安心して使えます。
綿素材の中でも織り方で、通気性が良く、軽く、放湿性に優れ、しわになりにくいサッカー生地は夏のパジャマに適しており、おすすめです。

天竺はTシャツにもよく使われており、通気性も良く、伸縮性に長けています。
体質や好みに合う素材を選びましょう。

2:サイズをチェック

妊娠するとお腹が大きくなり、胸もサイズが変わります。
マタニティパジャマはそうした変化に合わせた形に作られているので、妊娠前のサイズと同じで大丈夫です。

ただ大きく作られているのではなく、変化する部分だけ大きくゆったりと作られています。

ズボンには大きくなるお腹に合わせられるように調整つできるアジャスター機能を備えたものも多くあり、妊娠期から産後まで長く使い続けられます。

3:入院中に着るなら長めの丈を選ぼう

入院中は診察や悪露、胸の掘り具合の確認、授乳など意外と忙しいものです。
また、産後直後は後陣痛が起こることもあるので、ズボンをはかなくても良い丈の長い前開きタイプのパジャマを選ぶと、着脱の手間が減ること、寝たまま診察を受けられるなどの点で便利です。

4:産後も着るなら授乳口つきが便利

産後は2~4時間間隔での授乳が必要です。普通のパジャマとマタニティパジャマの違いはこの「授乳口」です。胸の部分に両サイドスリットが入っていたり、旨の切り替え部がかぶせ布になっていたりします。寝不足・頻回・疲労が蓄積している中で少しでもスムーズな授乳のために完全に脱がなくても授乳できるよう作られている授乳口があるものを選ぶと良いですね。

【安い!】おすすめの半袖マタニティパジャマ11選

着られる期間が限られるマタニティパジャマは、できるだけ安いもので済ませたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

ここでは、安いけれど着心地がよいと評判の半袖マタニティパジャマを紹介します。

1:NISHIKI/マタニティ ネグリジェ


ギンガムチェック柄の綿100%のサッカー素材で吸湿性と速乾性に優れています。清涼感の為に薄手素材で作ってありるので、若干透け感がありまが、ちょっとした外出にも着ていけます。
両サイドに開く開閉式の授乳口がついており、大きく開くので授乳しやすいです。ボタンタイプなのでしっかり開閉できます。前開きタイプなので入院時にもぴったりです。
・税抜価格:2,640円
>>詳細はこちら<<

2:ドット柄半袖マタニティパジャマ

サイドに授乳口のついた前開きタイプのドット柄のワンピース型パジャマです。丈が長いので入院時にもぴったりです。天竺なのでTシャツのように伸縮性に富み、通気性・吸汗吸湿性に長けているのでさらりと着られます。
・税抜価格:3,480円
>>詳細はこちら<<

3:犬印本舗/fairyマタニティパジャマ Wガーゼ ギンガムチェック

すっぽりとお腹を包むズボンにベージュの落ち着いたチェック柄で前開きのダブルガーゼ素材です。ダブルガーゼなので赤ちゃんにも優しいです。人と会っても恥ずかしくないデザインになっています。
・税抜価格:3,829円
>>詳細はこちら<<

4:ANGELIEBE/マタニティ星柄プリント半袖 ネグリジェ

前開きデザインの星柄パジャマです。3つのリボンがアクセントになっていてかわいいですが、他はスナップボタンになっていて上からの授乳が楽です。天神素材のやわらかい肌触りで、羽織物としても使えます。
・税抜価格:2,990円
>>詳細はこちら<<

5:ANGELIEBE/マタニティパジャマ(授乳口付き)

吸水性・吸汗性の高いパイル生地で、お風呂上りにさっと着ても着心地抜群です。ふんわりとした肌触りで両サイドにスナップボタンの授乳口があります。ウエストにリボンがついた女性らしいデザインです。
・税抜価格:3,980円
>>詳細はこちら<<

6:Miwoluna/マタニティワンピース ゆったりマキシ丈

胸元にフリルがワンポイントでついており、ジッパーの授乳口はわかりにくいようになっています。部屋着にもちょっとした外出にも使えるので、妊婦健診など多様に使用できます。綿97%と肌に優しい肌触りです。
・税抜価格:2,709円
>>詳細はこちら<<

7:nissen/ルームウェア・パジャマ 産前産後兼用

前開きタイプのパイル生地パジャマです。上3つのボタンはスナップボタンになっており、授乳しやすいデザインになっています。リボンで可愛さを演出した着心地の良いワンピース型パジャマです。
・税抜価格:2,490円
>>詳細はこちら<<

8:HOME WAY/ルームワンピース

ダブルガーゼ生地なので洗うごとに柔らかくなり着心地がよくなります。前開きなので授乳も楽ちんです。伸縮性のウエストゴムで締め付けず、快適に過ごせます。可愛い柄のパジャマで気分も上がります。
・税抜価格:2,454円

9:nissen/サッカーギンガムチェックマタニティネグリジェ

綿のサッカー素材でさらりとした着心地です。前開きのワンピースで、胸部分がスナップボタンになっているので片手で簡単にはずせて、忙しい授乳に便利です。一番上のボタンははだけないように普通のボタンになっているという配慮されたパジャマです。
・税抜価格:2,800円

10:リリー ショコラ/マタニティパジャマ

綿素材の清涼感があり、フリルや丸襟などとてもフェミニンなパジャマです。授乳口もついており、下に手持ちのタイツなどをあわせると外出時にも違和感なく使用できます。柄がポップで明るい気持ちにさせてくれます。
・税抜価格:2,255円

11:マタニティパジャマフリル袖 ハート柄

ハート柄のとてもキュートなロング丈のパジャマです。天竺素材でなめらかで柔らかな肌触り、授乳口もバインダータイプで授乳に手間取りません。ボタンではないので赤ちゃんが触れても安心して授乳ができます。
・税抜価格:1,818円

まとめ:半袖マタニティパジャマで快適な妊娠・出産・育児を!

半袖マタニティパジャマは、大きめパジャマなどで代用できます。
ただ、妊娠中や産後の生活を考えるのであれば、専用に作られている半袖マタニティパジャマの方が、快適にすごせるでしょう。

紹介したアイテムを参考に、お気に入りの半袖マタニティパジャマを見つけてくださいね。

スポンサードリンク




コメントを残す