就職祝いを渡すタイミングはいつ?相場はいくら?

兄弟やいとこ、知り合いなどに就職祝いを渡したいとき、どんな時期に渡せばいいか迷ったことはありませんか?
相場もいくらくらいがいいのか分からず、困ってしまいますよね。

今回は、就職祝を渡すタイミングや相場、注意点などについてご紹介します。
この記事を読むことで、就職祝いを渡すときに悩まず、スムーズに渡せるでしょう。

就職祝いの相場はいくら?

就職祝いの相場は下の表のとおりです。

自分の子ども 3万円
兄弟 2~3万円
甥・姪 1~3万円
3~5万円
いとこ、友達の子どもなど 5千~1万円

就職祝いは三親等までの親族に贈るのが一般的ですが、親しい間柄であれば、いとこや友人の子どもなどに贈っても問題ありません。

就職祝いには内祝いの必要がなく、感謝の気持ちだけを伝えるのが一般的です。

ただ家庭の考え方や風習によっては、内祝いをしない代わりに、初任給やボーナスで贈り物をするというケースもあります。

10万円以上の高額な就職祝いは、相手がお返しに困ることもあります。
贈る相手との関係性を踏まえて金額を決めましょう。

就職祝いを渡すタイミングはいつ?

就職祝いは、就職が決まったらなるべくはやめに渡します。
入社が決まってから実際に入社するまでの間に渡しましょう。

一番良い時期は、入社の1~2ヶ月前です。

いくつか内定をもらっていたり、まだ就職活動を続けている場合は、内定式以降に渡したほうがいいでしょう。

もし入社後に就職の報告を聞いた場合は、できるだけ入社1ヶ月以内には渡すことをおすすめします。

就職する本人と一緒に住んでいる場合、入社式や出社初日に渡したい人もいるかもしれませんが、当日は本人も忙しいので控えましょう。

就職祝いを渡すときの注意点

就職祝いを渡すときにはどのようなことに注意しなければならないのでしょうか。
就職祝いを渡すときの注意点を3つご紹介します。

1:宛名

表に宛名を入れる場合、相手の名前は左上に、自分の名前は中央の下に書きましょう。
相手の名前を左上に書くときは、少し小さめに書くとバランスがいいです。

表書きは「祝御就職」「御就職御祝」や、一般的な「御祝」という言葉を書きます。

2:のし袋

就職祝いは、お祝いの中では一般的なお祝いに分類されます。
そのためのし袋は、紅白の本の蝶結びタイプの水引があるものを選びましょう。

相手が関西の人の場合は、あわじ結びの水引を選んでもよいです。

3:郵送する場合

就職する人が遠方の場合や直接渡せない場合、郵送でもかまいません。
郵送する場合は、現金書留を利用します。

現金書留の封筒には、手紙を添え、相手にお祝いの気持ちを伝えるといいでしょう。

就職祝いは品物もあり!おすすめのプレゼント10選

就職祝いは現金だけでなく、品物を贈ったり、食事に行くという選択肢もあります。
品物を贈る場合にはどんなものがいいのかご紹介しましょう。

1:時計

就職祝いで品物を贈る場合、仕事に役立つ物を贈ると相手に喜ばれます。
時計には、「時間をきちんと管理できるように」という意味があり、ビジネスでも必ずといっていいほど必要なものです。

フォーマルな場所でも使えるデザインや、電池交換が必要ないタイプのものがいいでしょう。

2:ボールペン

今はパソコンでの作業が増えてきたとはいえ、ボールペンでメモを取ったり書類を書いたりすることはありますよね。

自分ではいいボールペンを買うことはなかなかないので、職場で浮かない程度の良いボールペンをプレゼントするのもいいでしょう。

3:名刺入れ

名刺入れは他のお祝いでプレゼントすることは少ないので、就職祝いならではのプレゼントといえます。

黒色、濃いめの紺色や茶色などの名刺入れがおすすめです。

素材は本革を選ぶといいでしょう。

4:印鑑

社会人になると、車を買ったり、銀行の口座を開設したりなど、印鑑を使う場面が増えてきます。

印鑑はとても重要なものなので、プレゼントする場合は身内にした方がいいでしょう。

5:ハンカチ

ハンカチはいろんな場面でプレゼントとして贈るものですが、就職祝いの場合はシンプルなものを選びましょう。
大きさも、ポケットに入るサイズを選ぶと使いやすいです。

値段も比較的お手頃なので、いとこや友達の子どもなどにもプレゼントしやすいでしょう。

6:財布

財布はいろいろな種類があるので、相手の好みや財布の形のタイプなどを把握した上でプレゼントするといいでしょう。

デザインは、社会人として恥ずかしくないものを選ぶことをおすすめします。

7:ペンケース

営業や出張が多い職業の場合、ペンケースがあると便利です。
就職祝いでプレゼントする場合は、革製のものやブランド物など、自分ではあまり買わないものを選ぶといいでしょう。

8:バッグ

就職祝いでバッグをプレゼントする場合は、ダレスバッグやビジネスバッグがおすすめです。
バッグを選ぶときは、一般的な書類のA4サイズが入る大きさのものを選ぶといいでしょう。

相手の職業に合わせて、使いやすいデザインのものを選ぶことが大切です。

9:手帳

今はスマートフォンでスケジュールを管理する人も多いですが、仕事ではスマートフォンを見れないことも多く、手帳があると便利です。

仕事では時間が細かく分かれていたり、メモができるタイプの手帳が使いやすいでしょう。

10:キーケース

就職すると、通勤のために車を買ったり、自転車通勤だったり、1人暮らしだったりなどで、鍵が増えることもあります。

キーケースをプレゼントする場合は、どのくらいの大きさを選べばいいのか分からないと思うので、相手の生活スタイルを聞いておくといいでしょう。

まとめ

就職祝いの相場は、5千円から3万円です。
就職祝いを渡すタイミングは、就職の1ヶ月から2ヶ月前が一番いいですが、就職したことをあとで知った場合は就職後1ヶ月以内には渡すようにしましょう。

現金を送る場合は現金書留で送り、品物を渡す場合は就職に役立つものを選びましょう。

この記事を参考に、就職祝いをスムーズに渡せるといいですね。

スポンサードリンク




コメントを残す