フェイスパウダーの使い方!モノ選びから使う順番までを網羅するよ

メイクを長持ちさせたり、化粧崩れを防いでくれるフェイスパウダー。毎日のメイクに欠かせないアイテムですね。ところが、フェイスパウダーの使い方を間違えて使っている人も多いようです。

「順番的に、どのタイミングで使えばいいの?」「ブラシとパフは、どっちを選ぶべき?」このような疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

正しく使わなければ、せっかくのフェイスパウダーも、効果を発揮しません。そこでこの記事では、フェイスパウダーの使い方について解説していきます。使うタイミングからモノ選びまで、わかりやすく紹介しました。

メイクをキレイに長持ちさせるためにも、フェイスパウダーの使い方を、しっかりマスターしておきましょう。

フェイスパウダーの使い方のポイント!

まずは、フェイスパウダーを使うときに覚えておきたい、ふたつのポイントをおさえておきましょう。

  • 自分に合ったものを選ぶ
  • 化粧品によってつける順番や道具を変える

それでは、くわしく紹介していきますね。

1:まずは自分に合ったフェイスパウダーを選ぼう!

フェイスパウダーは、形状・質感・色味などによって、多くの種類があります。自分の肌質や目指すメイクによって選ぶことが大切です。下の表を参考に、自分に合ったフェイスパウダーを選びましょう。

【形状】 特徴
ルースパウダー
  • サラサラな粉状
  • ふんわり軽くナチュラルな仕上がり
プレストパウダー
  • 固形状
  • カバー力があるので、しっかりメイクに向いている

 

【質感】 特徴
マット
  • 凹凸が少なく、キメの整った肌に仕上がる。
  • テカリを抑える。
  • 厚塗りになりやすいので注意が必要。
ツヤ
  • 透明感のある肌に仕上がる。
  • ナチュラルで健康的な印象を与えられる。
  • オイリー肌の人は、テカリが目立つことも。
シマー
  • キラキラと光り輝くような質感。
  • 華やかな仕上がり。
  • 光でくすみを飛ばし透明感を演出できる。

 

【色味】 特徴
クリア ファンデーションの色味を変えずに仕上げられる。
ナチュラル 軽い仕上がりだが、カバー力が高い。
ホワイト 肌のトーンをあげ、顔色を明るく見せる効果。
ピンク 健康的な印象を与えられる。
パープル イエローベースの肌におすすめ。

 

2:パフとブラシはどちらを使えばいい?

テカリが気になる方やマット肌に仕上げたい場合は、パフの使用がおすすめです。パフに粉を含ませ、しっかり肌にのせられる為、化粧直しにもおすすめです。

反対に、肌の乾燥が気になり粉っぽさを抑えたい方は、ブラシで肌にのせることにより、パフよりも薄づきに仕上げられます。ブラシは、一度に広範囲に粉をのせられるため、時短効果も期待できますよ。

 

3:フェイスパウダーはどの順番で使う?

フェイスパウダーは、ツヤ出しや化粧崩れ防止の効果があるため、ベースメイクの仕上げとして使用します。しっかりカバーしたい時は、プレストタイプのフェイスパウダーをのせると粉っぽくなりヨレやすくなるため、ルースタイプの使用がおすすめです。

 

具体的に見てみよう!フェイスパウダーの使い方

これまでにお伝えしたポイントをもとに、具体的なフェイスパウダーの使い方を見ていきましょう。肌に隠したい部分の少ない若い人は、フェイスパウダーも、ただ全体的につけるだけで十分きれいに仕上がるでしょう。

こちらの動画では、「加齢によるしわやくすみを隠したい!」という人のために、フェイスパウダーの裏技を紹介しています。

パフ・フェイスブラシ・スクリューブラシ・綿棒・リップチップを用意してくださいね。

①パフで、生え際などのフェイスラインに揉み込むようにパウダーをつける
②パフを半分に折って、眉に入れ込むようにのせる
③パウダーケースを一振りして、ケースについた少量の粉をフェイスブラシに取り、手の甲でなじませる
④まぶた・Tゾーン・小鼻・口まわりにふわっとのせる
⑤スクリューブラシでパウダーをすくい、手の甲でブラシにパウダーを入れ込む
⑥眉毛とまつげにパウダーを絡ませる
⑦綿棒でパウダーをとり、手の甲でなじませる
⑧目尻の三角ゾーンに、3回パウダーをのせる
⑨綿棒で小鼻にパウダーをのせる
⑩リップチップにパウダーを取り、唇のフレーム上に口角からパウダーをつける

フェイスパウダーをただつけるのではなく、道具を使いわけて、必要な場所に細かくのせていくのがポイントです。

 

まとめ:フェイスパウダーは正しい順番で使おう!

フェイスパウダーは、メイクの仕上がりを左右するといっても過言ではありません。肌の印象や化粧崩れの予防など、メイクを綺麗に仕上げる上でとても重要な存在です。

フェイスパウダーの形状や質感、色味が、自分の肌に合っているものを選びましょう。使う順番によって、メイクの仕上がりや持ちにも影響するので、紹介した使い方の順番もよく確認してくださいね。

スポンサードリンク




コメントを残す