クラウドファンディングのやり方を紹介!成功の秘訣も解説するよ!

資金集めの手段として、近年注目されているのが、クラウドファンディングという方法です。

ただ、どうやってはじめたらいいのかわからないという人も多いでしょう。

そこでこの記事では、クラウドファンディングのやり方や成功させるためのポイントについてご紹介していきます。

 

そもそもクラウドファンディングとは? 

クラウドファンディングは、実現したい活動や夢を、インターネットを通して伝え、共感してくれた人たちから資金での支援を募る仕組みです。

 

  • 社会問題を解決したい
  • 商品やイベントのPRをしたい
  • テストマーケティングに活かしたい

 

このように、クラウドファンディングを行なう目的もさまざまです。

クラウドファンディングを使うことで、多くの人に支援をしてもらうことができます。

 

クラウドファンディングには5つの種類がある!

クラウドファンディングは、5つのタイプに分けることができます。

それぞれの特徴について見ていきましょう。

 

1:寄付型クラウドファンディング

寄付型のクラウドファンディングは、募金と同じ仕組みです。

募金同様に、支援者は支援の対価を受け取ることはありません。

ただプロジェクトによっては、支援者に手紙や写真を送るというケースもあります。

寄付型のクラウドファンディングで成功しているプロジェクトは、被災地の支援や動物保護、発展途上国への支援活動などの社会に貢献するための活動が多くを占めています。

 

2:購入型クラウドファンディング

購入型のクラウドファンディングは、起案者がプロジェクトのアピールをして、それに共感した人から集めた資金で商品の製造や新事業を行なう方法です。

支援者へのリターンとして、プロジェクトで製作した商品やサービスを提供します。

被災地の支援事業や障がい者の支援事業なども、購入型クラウドファンディングにあてはまります。

「調達する資金は少額でも良いので、事業成功のための足がかりにしたい」という人におすすめの方法です。

 

3:融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングは、個人ではなく企業が起案者となるのが一般的です。

融資型でクラウドファンディングを行うためには、3つの登録が必要です。

 

  • 金融商品取引法の登録
  • 第二種金融商品取引法業者への登録
  • 貸金業者への登録

 

クラウドファンディングで集められた資金を、クラウドファンディング事業者が仲介となり融資するシステムです。

利子がリターンとなっており、平均的な利回りは8.5%程度。1万円を融資して1年間運用すると10,850円で返済される計算です。

 

4:投資型クラウドファンディング

投資型クラウドファンディングは、特定の事業に対して投資をしてもらうことで資金を調達します。

利益が出たら配当としてリターンを渡す仕組みです。

プロジェクトで作られた商品などが受け取れることも多いことから、株式投資と似た性質を持っています。

申し込みには以下の3点が必要です。

 

  • 第二種金融商品取引業の登録
  • 事業計画書
  • 決算書

 

売り上げに基づいた分配金となるため、目標額に達しなかったときには元本割れになることもあります。

 

5:ファンド型クラウドファンディング 

ファンド型クラウドファンディングは、投資型クラウドファンディングの一種で投資による分配金が資金提供者のリターンとなります。

支援者が投資するのは企業の特定の事業で、分配金はその事業の業績に応じて決まります。

分配金の保証はなく、業績の悪化などによって元本割れする可能性もあることを覚えておきましょう。

 

クラウドファンディングのやり方を確認しよう!

クラウドファンディングで資金調達するための、大まかな手順を確認していきましょう。

 

1:プロジェクトを計画する

実施するプロジェクトの明確な目的や、目標金額を細かく設定しましょう。

明確な目的がなければ、プロジェクトが成功する見通しが少ないと判断されます。

プロジェクトの明確な内容や目標、資金の使途などを細かく設定しておくことが重要です。

プロジェクトの目的が明確なほうがクラウドファンディングによる資金調達も成功しやすくなります。

このとき、資金集めが目的にならないように注意しましょう。

資金集めは、あくまでも目的を実行するための手段です。資金集めが目的になっていると、不思議と支援者にも見透かされてしまうものです。

 

2:掲載するプラットフォームを選ぶ 

クラウドファンディングを実施しているプラットフォームを選びます。

日本国内には、クラウドファンディングのプラットフォームが複数あります。

それぞれに特徴があり得意な分野も違うので、扱うプロジェクトの種類によって決めましょう。

手数料がどのくらいかかるのかも、確認しておきたいポイントです。

 

3:プラットフォームに登録する

利用するプラットフォームを決めたら、事業内容などの必要情報を入力してプロジェクトを登録しましょう。

プロジェクトに対する思いを書き込むことが大切です。

 

  • プロジェクトの実施に至った経緯
  • プロジェクトの内容や目的
  • 支援してもらった資金の用途

 

上記は必ず記載してください。

実体験を交えることで、より共感を得やすくなります。

プロジェクトの内容をよりわかりやすく伝えるために、写真やPR動画を投稿するのもおすすめです。

 

4:審査結果を待つ

プロジェクトの登録ができたら、クラウドファンディング業者の審査を受けます。

登録したプロジェクトの内容におかしなところがないか、実現可能なプロジェクトかなど、クラウドファンディング業者の基準に沿って審査されます。

社会的に問題となるものや、犯罪に加担するものは却下されます。

審査に通った場合でも、クラウドファンディング業者側からアドバイスや提案をしてくることがあります。

サイト運営者と良好な関係を保つためにも、連絡を密に取り合いましょう。

審査に落ちると、プロジェクトの内容が公開されません。

審査に通過したら、プロジェクトが公開されますので、WEBサイトやSNSで積極的にアピールしましょう。

 

6:プロジェクトの経過も報告する 

集まったお金をどのように使っているかという活動報告は欠かせません。

プロジェクトを支援するかどうかか悩んでいる人に対しても経過報告は有効です。

「あとこれくらいで目標が達成できそう」「〇人の方に応援いただいています」という途中経過をお知らせすることで、プロジェクトに賛同している人同士の連帯感が生まれます。

支援してくれている人に対して、現状報告や達成率の報告も行ないましょう。

 

7:支援者にお礼をする 

プロジェクトが達成されたら、クラウドファンディングの運営者側から手数料を差し引いた金額が自分の口座に入金されます。

達成できなかった場合、支援金は支援者に返金されてプロジェクトそのものが終了となります。

プロジェクトの期間が終了したら、達成してもできなくても、お礼の文章を掲載したり、メールや手紙で感謝の気持ちを伝えましょう。

事前に約束した支援者への特典があれば、忘れず届けます。

許可を得られた支援者の一覧をHPに載せるという方法もおすすめです。

プロジェクトを達成した後、その事業が行なわれている様子をブログなどで公開すると、資金の透明性の観点からも喜ばれます。

クラウドファンディングに出資する人たちは「見返り」を求めるよりも、その実現に社会的、個人的な意味や意義を見出しているケースが多いです。

そのため、プロジェクトの行く末が見届けられるようにすることで、長期にわたって温かく見守ってもらえるでしょう。

 

クラウドファンディングを成功させるコツ

 

クラウドファンディングで資金調達するには、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。

ここでは、クラウドファンディングを成功するためのコツをご紹介していきます。

 

1:支援したくなるプロジェクトを考える

誰からも支持されないプロジェクトでは、募集するだけで終わってしまうこともあります。

クラウドファンディングで支援金を集めるには、見た人が面白いと感じるプロジェクトや、「この商品が欲しい」「助けたい」と思ってもらえるようなプロジェクトを立ち上げましょう。

プロジェクトを見た人は、起案者がどんな人か、信頼できる人なのかということも気にします。

そのために、身近な人に応援してもらうことも大切です。

応援してくれる人が身近にたくさんいるということは、それだけ信頼できる人物であることを意味します。

起案者を知らない支援者にとって安心材料になるでしょう。

プロジェクトの内容を、第三者に確認してもらうのもおすすめです。

わかりにくい内容になっていないか、プロジェクトページが読みやすくまとめられているかを見てもらいましょう。

 

2:適切な目標金額を設定する

プロジェクトの内容にふさわしい金額を目標として設定しましょう。

目標金額を高くしすぎると、達成率が下がってしまう恐れがあります。

逆に目標金額が低すぎると、資金不足でプロジェクトが進められなくなる可能性もあります。

プロジェクトを遂行できる適切な金額を慎重に決めましょう。

目標金額を上回った分は支援金として受け取ることができます。

本当に必要な金額を設定して募集すれば、目標金額以上の支援金を集められる可能性もあるということです。

目標金額を決める際には、手数料も考慮した上で検討しましょう。

プラットフォームの手数料は、決済額の10%~20%ほどが一般的です。

 

3:プロジェクトを拡散させる 

プロジェクトをたくさんの人に知ってもらうための工夫をしましょう。

どれだけ良いプロジェクトであっても、人目につかなければ支援は集まりません。

どのプラットフォームも数多くのプロジェクトが掲載されているので、自身のプロジェクトが埋もれてしまうこともありえます。

そうならないよう積極的に広報活動を行なう必要があります。

たとえば、SNSで宣伝する方法です。

SNSでの宣伝は、より身近なところから拡散を狙うことができます。

FacebookメッセンジャーやLINEなどで、特定の人に直接案内をしたり、シェアやリツイートをお願いして認知度を高めても良いでしょう。

 

4:斬新なプロジェクトのほうが注目されやすい 

これまでにない、新しいプロジェクトは成功しやすいものです。

「新しいもの・不思議なもの・斬新なもの」というのは、SNSを中心にして話題を呼びやすく注目を集めやすいです。

また支援金額が多い大型プロジェクトよりも、支援者が応援しやすい金額のほうが、資金も集まりやすい傾向があります。

 

クラウドファンディングをはじめるときの注意点

クラウドファンディングのやり方がわかったところで、つぎにクラウドファンディングをはじめるときの注意点を確認していきましょう。

 

1:目標金額を達成できないこともある 

クラウドファンディングをしても、目標の金額に届かない可能性もあります。

大手のクラウドワークス業者でも、目標の達成率が26%~30%位です。

プロジェクトを公開すれば成功できるというわけではありません。

また一度公開したプロジェクトは、失敗した場合でも削除できません。

プロジェクトが失敗した場合でも、支援者が支援したプロジェクトを確認できるようになっているためです。

アカウントを消した場合でも、プロジェクトは残ります。

クラウドファンディングをはじめるときは、目標金額を達成できなかった場合のことも考えて利用しましょう。

 

2:資金の入金に時間がかかる

通常の資金調達には、金融機関の融資制度が一般的ですが、融資の場合には資金を調達できるまでにかかる時間は1カ月程度です。

ですがクラウドファンディングのは、目標達成までにどれくらい時間がかかるのかはがわかりません。

融資とは違ってさまざまな手続きが必要なので、申し込みをしてからに入金されるまでには4ヶ月から5ヶ月程度がかかることもあります。

「入金までそんなに待てない」というのであれば、他の資金調達方法を考えた方がよいでしょう。

 

まとめ:クラウドファンディングのやり方は難しくない!

クラウドファンディングは、やり方・手順自体は難しいものではありません。

ポイントとなるのは、人が支援したくなるような企画を立ち上げることと、企画を広く知ってもらうために拡散することです。

紹介したコツを参考に、クラウドファンディングに挑戦してみましょう。

 

スポンサードリンク




コメントを残す