初盆のお供えを送る時期はいつ?なにを送ったららいいの?

初盆のお供えを送る時期

「初盆のお供えを送りたいけど、がマナーよくわからない」と悩む方は多いようです。

そこでこの記事では、

・地域により異なるお供えを送る時期
・初盆で送るお供え物
・送るときに気をつける5つのポイント

についてご紹介します。
正しい知識を身につけて、故人へ供養の気持ちを伝えましょう。

初盆のお供えを送る時期はいつ?

初盆のお供えを送る時期

四十九日の忌明け法要後に初めて迎えるお盆を初盆といい、手厚い供養をする風習があります。
忌明け法要前にお盆を迎える場合は、翌年が初盆となります。

初盆のお供えは、お盆の時期である8月15日前後で行われる初盆の法要時に渡すのが一般的です。

東京都・神奈川県・北海道・沖縄県の一部では、旧暦の名残で7月15日前後に行われる地域もあります。
該当する可能性がある場合は、事前に確認を取っておきましょう。

初盆に送るお供えは何がいい?

初盆のお供えを送る時期

初盆には、香典と「五供」と呼ばれるお供え物を送ります。香典として現金を送るのは初盆だけで、通常のお盆では不要です。

五供とは「香・花・灯明・浄水・飲食」の五種類の供物のことで、仏壇やお墓に供えるお供え物の基本です。
具体的にはお線香やローソク、白を基調とした淡い色のお花、旬の果物、個包装のお菓子。乾物系の食品などがふさわしいとされています。

故人が好んでいた物は他の方と被る可能性があるため避けた方が無難でしょう。

初盆にお供えを送るときに気をつけるポイント

初盆のお供えを送る時期

初盆に限り香典として現金を送ることがありますが、送る際のマナーも確認しておく必要があります。
また、避けるべきお供え物や直接手渡しができない場合の郵送方法などもご紹介します。

1:相場

一般的な相場は初盆のお供え物と現金を合わせて3,000円〜10,000円程度です。
金額は故人の関係により異なります。

祖父母であれば5,000〜10,000円、親や兄弟であれば10,000〜30,000円、その他の親族は5,000円程度を目安に考えます。
知人の場合は3,000〜10,000円程度で、故人との関係の深さを考慮して決めましょう。

故人と特に親しかった場合は10,000円程度でも高すぎることはありません。
また、法要後に会食がある場合は3,000〜10,000円程多めに包むのがマナーです。

2:のし袋

「黒白」で「結び切り」の水引が一般的です。

京都など関西の一部の地域では「黄白」が使われますので、事前に確認する必要があります。

香典を包む額が10,000円以下の場合は水引がプリントされたものを、10,000〜30,000円の場合は水引の紐を結んだものを使いましょう。

それ以上の金額を包む場合は「双銀」の水引ののし袋を使います。

3:表書き

果物やお菓子等の品物をお供えする場合は「御供物」「御供」を使います。
近年はお供えの代わりに「御供物料」として現金を包む場合もあります。

香典を包む場合は「御仏前」が一般的です。
故人が親や兄弟などの場合は初盆で提灯を送る習慣があり、その際は「御提灯料」となります。

初盆の場合はあらかじめ準備できる期間があることや、故人が家に帰ってこられるのは悲しいことではないため、墨の濃さは薄墨ではなく通常の濃墨で構いません。

4:避けた方がいいお供え

肉や魚などの生ものは、缶詰のような加工品も含めて殺生を感じさせるものなのでタブーとされています。

また、香りの強いものは避けます。
仏教では「仏様は香りで食べ物や飲み物を頂く」という考え方があり、刺激が強いものは宜しくないとされています。

また線香の香りと混ざると不快に感じられることもあるため、花と食品共通で避けましょう。
果物などあまり日持ちしない食品も、先方の負担を考えると避けた方が無難です。

5:郵送するときの注意点

事情があって法要に参加できない場合は、あらかじめその旨を伝えて郵送でお供えを送ります。

初盆法要の1週間前から前日までの間に届くように、余裕を持って手配します。
梱包は外のしが破れたりしないように注意してください。

お供え物は贈答品専用のネット通販サイトからも送ることができますが、その場合は賞味期限が長いものを選ぶなどの配慮をし、お供え物向けの梱包をしてくれる業者に依頼しましょう。

まとめ

初盆のお供えを送る時期

初盆のお供えは8月15日前後、地域によっては7月15日前後に、お線香やローソク、お花、お菓子、乾物系の食品と香典をあわせて送るのが一般的です。

複雑なマナーも多いですが、あなたの状況に合わせて一つずつ準備を進めれば安心して初盆を迎えられます。

一番は故人のことを想う気持ちが大切ですので、今回ご紹介した初盆のしきたりやマナーに気をつけつつ、故人を供養する気持ちを伝えましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す