「墓じまいの費用が払えない…」費用の相場や解決法を紹介

墓じまいの費用が払えない

お墓の維持費が払えない、遠方にあるお墓へのお墓参りが負担だから近くの霊園に移したいなどの理由で墓じまいを検討している。でもまとまったお金がない…こんなことでお悩みではありませんか?
この記事では、墓じまいの費用が具体的にどれくらいかかるのか?誰が支払うべきか?という疑問や、払えない場合はどうしたらいいのか?について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

墓じまいの費用は誰が払うもの?

墓じまいの費用が払えない

墓じまいをする際には、誰が費用を支払うべきなのでしょうか?
まず、遺骨の改装等は原則としてお墓の所有者しか行うことができません。
お墓の所有者であり、お墓の管理やお葬式、法事などを取り仕切る権利を持っている人を法律上では「祭祀主宰者」と呼び、お墓の継承者にあたります。
したがって、一般的にはこの祭祀主宰者である人が墓じまいの費用を支払うことになります。

墓じまいにかかる費用相場と内訳

墓じまいの費用が払えない

次に、墓じまいにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?
総額でいうと、大体 30万円~80万円くらいが相場です。
内訳としては、まず墓石の撤去には1㎡あたり約10万円かかります。そして、遺骨を取り出す際に行われる閉眼供養にかかるお布施が3万円~10万円、これまでお世話になったお寺に感謝の気持ちとして支払う離檀料が10万円~20万円ほどかかります。お布施と離檀料はお寺によって異なりますが、目安としてはこのような相場になっています。
また、墓じまいの後に新しいお墓を建てる場合には、別途費用がかかってきます。

墓じまいの費用が払えない場合の対処法

墓じまいの費用が払えない

それでは、もし費用が足りず支払えない場合はどうすればよいのでしょうか?
3つの方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

家族・親戚に相談する

あなたが祭祀主宰者だからといって、すべての費用をひとりで支払う決まりはありません。
お墓は、家族全員で守っていくべき大切なものです。
まずは家族や親戚に墓じまいについて相談し、協力を求めましょう。

自治体に相談する

地域によって異なりますが、自治体が補助金を設けている場合があります。
また、自治体としてもお墓の放置は避けたい事案です。
そのため、補助金の有無に関わらず何らかの協力が得られる可能性があります。
一度、相談してみるとよいでしょう。

メモリアルローンを利用する

家族や自治体の協力も得られない場合は、メモリアルローンの活用を検討することをおすすめします。メモリアルローンは、一般的にはお墓を建てる時に利用されることが多いですが、墓じまいの際に審査が通ることもあります。

解体業者は見積もりを取って比較しよう

墓じまいの費用が払えない

墓じまいを行うことが決まったら、複数の業者で見積もりを取ることをおすすめします。
民営霊園の場合は指定の業者が決められていることもありますが、そうでない場合は積極的に見積もりを取り、金額の比較をすることが大切です。なかには、不当な高額料金を提示してくる業者もいます。ひとつの業者を見て決めてしまうのではなく、複数の選択肢を持った方がよいでしょう。

墓じまいせずに放置したらどうなる?

墓じまいの費用が払えない

墓じまいをせずにお墓の管理も放置した場合、最終的には墓石は撤去されます。
流れとしては、まず使用者として管理料の支払いについて電話や封書などで督促を受けます。これらの督促の期限内に応じないと、お墓の該当区画での立て札などで、使用者確認の告知を受けます。それでも連絡などをせずに対応を全くしない場合、ご遺骨は取り出されます。
そして墓石も撤去されて更地となり、新しいお墓の使用者が募集されます。
取り出されたご遺骨は、ほとんどの場合が合祀墓に移されます。

まとめ

墓じまいの費用が払えない

墓じまいの費用について、支払うべき人や相場についてお伝えしました。
現在、お墓を放置することによる無縁墓は大きな社会問題となっています。管理費の問題や、距離の問題などお墓の管理は難しい場合もあるかもしれませんが、大切なご先祖様のお墓です。
放置すると、何度も督促や告知などを受けることになり、最終的にはご先祖様のお墓を無縁墓にしてしまうことになります。想像するだけでも、悲しいことかと思います。
お伝えした通り、費用にお悩みの場合でも、いくつか方法があります。
こういったご事情を抱えている場合は、ひとりで悩まず、まず親戚や行政など周りの人に協力を求めてみてください。メモリアルローンの利用を検討してもいいかもしれません。
大切なご先祖様のためにも、お墓は放置せず、ぜひ墓じまいの検討をしてみてください。

スポンサードリンク




コメントを残す