ペットボトルのウォーターサーバーは衛生面に問題ない?

ウォーターサーバー ペットボトル 衛生

小型で手軽なペットボトルのウォーターサーバー、美味しいお水は飲みたいけれど衛生面に問題はないのか気になりますよね。

この記事では、みなさんの不安を払拭するためペットボトルのウォーターサーバーの衛生面についてまとめています。

衛生面が気になるという方はぜひ読んでみてください。
不安が解消すると気持ちもスッキリしてお水がより美味しく感じられますよ。

ペットボトル用ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバー ペットボトル 衛生

ペットボトル用ウォーターサーバーとは、水の入ったペットボトルをそのままセットして使用出来るサーバーのことです。
テーブルに設置できる卓上タイプが一般的ですので、小型のウォーターサーバーと言えるでしょう。

コンビニやスーパーで売られているペットボトルの水でしたらどんなものでも使用可能です。
ただし、ウォーターサーバーによって対応するペットボトルの大きさや口径が決まっているので確認が必要です。

 

ペットボトルのウォーターサーバーは衛生面に問題ない?

ウォーターサーバー ペットボトル 衛生

こまめに掃除を行えば衛生面に問題はないでしょう。
取扱説明書にお手入れの仕方が記載してあるのでよく読み、月に1回はお手入れを行います。

注ぎ口は、アルコールスプレー等を吹きかけ布巾で拭き取ってください。
受け皿があるものは水で洗い、清潔を保ちます。

タンク内は重曹水を使って掃除すると良いでしょう。
重曹水の入ったペットボトルを用意し、飲料水のペットボトルと同様に設置します。タンク内に注水し、1日経過したら排水します。

次に水道水を入れたペットボトルを用意し、同じように設置します。
タンク内に注水後、排水します。2回行ってください。

 

ペットボトル用ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバー ペットボトル 衛生

1つ目は冷水、温水が手軽に出せるという点です。
テーブルに設置しておけば食事の際に動くことなくお好きなお水やお湯が飲めます。

2つ目は費用が安いという点です。
もちろん1ℓあたりの水代も安くなりますが、メンテナンス費やレンタル料もかかりません。

3つ目は水の種類を変えられるという点です。
色々な水を楽しみたい方、用途や気分でいつでも変えられることが良いですね。

4つ目は交換が簡単という点です。
一般的なウォーターサーバーですと、12ℓのボトルを交換しなくてはなりませんがペットボトル用ウォーターサーバーでしたら大きくても2ℓですので簡単に交換できます。

 

ペットボトル用ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバー ペットボトル 衛生

1つ目は、1回にたくさんの水もしくはお湯が出ないことです。
使用しているペットボトルの大きさが小さいため通常のウォーターサーバーに比べると1度に出る量は少ないのです。

2つ目は、冷たい水が出ないことです。通常のウォーターサーバーに比べて設定温度が5℃~10℃低いことが理由です。

3つ目は、設置やお手入れ、故障時の対応を全て自分で行う点です。
通常のウォーターサーバーでしたらサポートが充実していますが、ペットボトル用ウォーターサーバーはそのようなサポートはありません。

4つ目は、サーバーが不衛生であることです。
衛生面を保つ機能がついておらず、通常のものに比べると雑菌が繁殖しやすい環境であるといえます。

 

ウォーターサーバーを選ぶポイント

ウォーターサーバー ペットボトル 衛生

では、ウォーターサーバーを選ぶ際のポイントは何でしょう。
手軽にウォーターサーバーを導入して使用してみたいと考えている方には小型のペットボトル用ウォーターサーバーがおすすめです。

多少費用がかかっても長く使えて衛生面の安心もあり、サポートの充実もある方が良いという方には通常のウォーターサーバーをおすすめします。

衛生面のみならず設置場所や費用も含め両方のウォーターサーバーのメリット、デメリットをよく理解し自分のニーズに合うのはどちらなのかを考えることがポイントです。

 

まとめ

ウォーターサーバー ペットボトル 衛生

こまめなお手入れだけでは衛生面が気になるという方、お手入れがめんどくさいという方は定期的なサーバーの買い替えも一つの手です。
しかし、注意しなくてはいけないことはその分費用がかさむということです。

こまめなお手入れで衛生面の心配はないので、今回ご紹介した方法を参考にお手入れをこまめに行っていきましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す