加湿器と空気清浄機の一体型を使うメリット・ デメリット

加湿器と空気清浄機が一体型の商品は人気が高く、これから購入したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

ですが、一体型の必要性があるのかと、疑問を持つこともあるのではないでしょうか。

加湿器と空気清浄機別々の方がいいのか?
それとも一体型の方がいいのか?

今回は加湿器と空気清浄機一体型の、メリット・デメリットについて書いていきます。
この記事を読むことで、自分に合った加湿器や空気清浄機がわかりますよ。

加湿器と空気清浄機の一体型にはどんなメリットがある?

加湿器と空気清浄機の一体型にはどんなメリットがあるのでしょうか?
今回紹介するメリットは
・省スペース
・別々に買うよりも安い

この2つです。

省スペース

加湿器と空気清浄機の一体型にすることで、スペースが1台分で済むようになります。

これを加湿器と空気清浄機別々に買ってしまうと、2台置くスペースとコンセントが必要になります。

広い家ならいいかもしれませんが、極力スペースは空いている方が快適に過ごせます。

置き場所を確保するのも大変です。

2台近くに置くと加湿の湿気で破損の恐れもあるなどの、注意が必要になってきます。

手入れなども別々にしないといけないので面倒なのもあります。

別々に買うより安い

加湿器と空気清浄機の一体型を買うことで、加湿器と空気清浄機を2台買うよりも安く済ませられます。

それなりに良いものを揃えようとして別々に買うと、高額になってしまいますが、一体型にすることで加湿も空気清浄も機能性の高いものを買えます。

別々に買うよりもかなり安く済ませられます。

最近の加湿器と空気清浄機の一体型ならば、安い商品で高品質のものが多くあります。

電気代2台分かかるところが、1台で済むので安くなります。

加湿器と空気清浄機の一体型のデメリットとは?

ここからは加湿器と空気清浄機の一体型のデメリットを紹介します。

デメリットをしっかりと理解しないと、買ってから嫌な思いをすることになりかねません。

加湿機能を使うと空気清浄機能が弱くなる

加湿器の機能を使ってしまうと空気清浄機能が、弱くなってしまうことがあります。

両方の機能を使ってしまうと、メインにしている方にどうしてもエネルギーを使ってしまうので片方が弱くなってしまいます。

なので加湿機能をメインに使っていると、空気清浄機能はどうしても弱くなってしまいます。

空気清浄機能が弱いとカビなどを完全に吸えないこともあるので、体調不良などの原因にもなります。

専用の加湿器よりは加湿力が劣る

加湿機能と空気清浄機能の2つを搭載していることから、加湿器専用のものよりは加湿機能が劣ってしまいます。

加湿器能が専用の加湿器よりも劣ることで、部屋の乾燥や花粉の充満などにも繋がります。
部屋の乾燥は風邪などの体調不良にもつながるので注意が必要です。

乾燥する時期に咳が止まらなくなったりする人は、専用の加湿器でしっかりと部屋を加湿する方がいいです。

十分な加湿機能が欲しい人は専用の加湿器を買った方がいいです。

本体サイズが大きくなる

加湿器と空気清浄機の一体型は、専用の加湿器や空気清浄機よりも大きくなっています。

その理由としては給水タンク容量分どうしても、本体のサイズが大きくなってしまうからです。

その分重量もあるので持つ時も大変だし、畳の上などに置いてしまうと跡が残って大変なことにもなります。

加湿器と空気清浄機の一体型を買うときは、サイズをしっかりと確認して置く部屋に、
合ったものを選ぶようにしてください。

加湿器と空気清浄機の一体型がおすすめの人

加湿器と空気清浄機の一体型がおすすめな人は、ワンルームや1Kなどの一人暮らしをしている人におすすめです。

消臭機能やハウスダスト、花粉、カビなども吸引してくれるので、この1台があれば掃除の手間を減らしたり、

加湿をすることで風邪などの体調不良の予防にもつながります。

一人暮らしで体調を崩してしまっても看病をしてくれる人がいないので、病気などのリスクを減らせるのでおすすめです。

狭い部屋なら専用の加湿器や空気清浄機でなくても、しっかりと部屋の加湿や空気清浄ができます。

なので、ワンルームや1Kなどの部屋に住んでいる人にはおすすめです。

加湿器と空気清浄機を別にしたほうがいい人

加湿器と空気清浄機を別にした方がいい人は、加湿器と空気清浄機の機能をしっかりと使いたい人です。

加湿器と空気清浄機の一体型だと、専用の加湿器や空気清浄機よりも劣っているものがほとんどです。

ちゃんと加湿をしないで部屋が乾燥してしまうと、風邪などの体調不良にも繋がります。

空気清浄も中途半端になるとカビや花粉を吸いきれずに、体に悪影響を及ぼすことがあります。

なので、部屋の空気をしっかり綺麗にしたい人や、乾燥で咳や喉を痛めてしまう人は別々にした方がいいです。

まとめ

今回は加湿器と空気清浄機の一体型を使うメリット・デメリットについて書きました。

メリットは、加湿器と空気清浄機別々に買うよりもスペースを省けることや、別々に買うよりも安く済むことです。

デメリットは「加湿機能を使うと空気清浄機能が弱くなる」「専用の加湿器よりも加湿力が劣る」「本体サイズが大きくなる」という点です。

スポンサードリンク




コメントを残す